おおなめら岩に行ってきた。

なんか今年は岩シリーズが多いな…

木山内岳の南西部にドーンとそびえる断崖
それが「おおなめら岩」

わく塚尾根や坊主尾根、小積ダキなどから
みたらすぐわかるアレです

見ればみるほど…いってみたい
行けるルートはあるはずなんだが、どうだろうか。


1月21日
寒波は過ぎ、暖かい日が続いていたので
こういう登山をするにはもってこいのコンディション

わく塚渡渉点への分岐のちょい前からグイグイ登る
DSC08725.JPG



テープは期待しない
DSC08726.JPG
が、あると安心感が半端ない



右手に岩尾根が連なっているが巻いて巻いて…
DSC08727.JPG
この隙間、入れるらしいぜ!

いかなかったけど(*´ω`*)




ん…?
DSC08728.JPG
971ピークより東側に下っていくテープあり


推測ですが…


IMG_7490.PNG
こんな感じでルートがあるのかも?
これなら下の方をダラダラ歩く距離も短くなっていいかも。




急登はいったん971ピークで止み

そこから北へ転進して
尾根をちょこっと歩いたら
DSC08730.JPG
エグいほどの急登

左手には、おおなめらがズドーンとそびえてます。
DSC08729.JPG

地形図で見るとフェイスを登る感じ?とおもったけど
意外とリッジ気味

後半になるにつれみるみる傾斜を増し
いつの間にか樹木を掴んで
「登攀」に近いスタイルになってました
これは下りに使いたくない…((((;゚Д゚)))))))


そんで左にトラバーーース!
やっと急登から解放されるよ…
DSC08731.JPG
崩壊気味の谷もあって慎重に通過


やったぜ。

ついに!
木山内岳山頂直下の南西尾根へ到達!
DSC08732.JPG
ここからは
DSC08733.JPG
とにかく
DSC08734.JPG
緩やかな尾根を下る


と、そこに

雄大な景色が待っているのだ!!
DSC08737.JPG
DSC08738.JPG
IMG_7486.JPG
IMG_7487.JPG



うーん



ザ・おおなめら







この岩自体の云々ではなく、
ここから見る大崩山系が素晴らしいね。
(ただまぁそれは木山内岳の山頂からも見えるんだけど、
植物に遮られないとかの意味でこちらのほうが◎)


さて、どうするか。

木山内岳は去年も行ってるしなぁ〜

めんどいし今回はパスするか!
DSC08739.JPG
南西尾根に戻って、そこから北西に延びる谷に下降するよ

※ちなみにこの谷についてはガチで情報がない
通行できるかどうかすら不明

ガレガレしてるのかなと思ったら
DSC08740.JPG
そうかこの山はそんな感じだよね。
ナメナメしてました。

この先けっこう落ちてるな…


な、なんとか左岸で下りれそうだ。
DSC08741.JPG
あれ?まさかアレは…


DSC08742.JPG
目印だー!

やっぱり山をやる人間の考えることって、
だいたい同じなのねw


ノーマルルートの喜平越谷の右俣?に合流
DSC08744.JPG
下りれば合流できるだろう

うん、復帰
DSC08745.JPG


木山内岳分岐〜喜平越ルートって喜平越谷の左岸を通ってるけど
DSC08746.JPG
けっこう鬱蒼としてる印象ですね。
目印の多いバリルートみたいなw

木山内岳分岐
DSC08747.JPG
こっからは普通に下って終了!


GPSログです
IMG_7491.PNG
普通に歩いて5〜6時間で済む感じなので

大崩山系歩きたいけど、ちょっと時間の都合が…ってときに達成感を味わいやすいルートかと!

またお気に入りの場所が増えました(*´ω`*)

この記事へのコメント