阿蘇いってソロキャン△in五反畑キャンプ場

5/3
数年ぶりに阿蘇に登る

もちろん仙酔峡からではない。
(OKみたいな風潮になってますけど、普通に工事の邪魔でマナー違反ですよっと。)

さてと私には幸運にも2日間が与えられた
山でテン泊もいいが、阿蘇山中にて幕営するってのもなんだかなぁ。


阿蘇山の北側に坊中野営場ってのがあるっぽいが
googleのレヴューを見ると下見で駐車場に入っただけで不法侵入扱いされた?
みたいな投稿があってビビる。

流れでGoogleマップを見ていると、
波野のほうにキャンプ場があるようなので電話してみると
比較的空きはあるようなので
(素人考えではGWのキャンプ場=地獄というイメージなのだが)

D8DD6DF4-C357-4919-A44A-1B40B41FA879.jpeg

R57から県道に入り、かなり近い立地はよい

んだども
DF7A4E34-A295-467F-8762-3A211F1410A4.jpeg
D2152259-5EA7-4A57-B666-D9AADB9C8DCE.jpeg

大丈夫かなコレ…
杉林の中の細い未舗装路を500mほど進む

まぁファミリー層の国産ミニバンとかでも気をつけて進めば大丈夫
シャコタンのセルシオ(死語)あたりだと無理かもね

正直「もしかして今となっては寂れたキャンプ場とかいうオチ…」


34E93A84-B7F2-4672-AEFC-8570065B7DDF.jpeg

お、普通に明るい

地形としては「杉林に囲まれた超デカイ袋小路」
ソババッケ的な窪地の平地でアリマス

建物が管理棟で
外に出してる白いガーデンテーブルが受付というお気軽仕様

シーズンは4〜10月
フリーサイトでクルマの乗り入れ自由
明確なチェックインチェックアウト時間ナシ
料金は人間にのみかかり、1人500円

…破格ですよね。

ここまでしがらみが少ないのなら1500円くらいでも出せますね
やっぱビギナーは朝の撤収に時間かかったりしますから
せっかくののんびりキャンプ△なのに、
最後にワタワタしたくないですから。


んじゃー設備はしょっぺーのかというと
E61027B6-8BBF-4766-B4E6-CEFC5D8DECEB.jpeg622844E7-9FB8-4B72-8F46-1704A9AA42C5.jpeg
普通に新しくキレイなほう


国道に近いとはいえ辺鄙なので
253AAE13-99E1-49BD-9265-B37F8401D152.jpegD99D7073-A81E-4095-8994-AFFE789E97FD.jpeg
シャワーやお風呂もあるってのが有り難いですね。
キャンプ場の料金が安いから、有料でもぜんぜんアリですね。
(今回は荻の里温泉に行ったため未使用)


近くに樹がある場所を選び設営
あいかわらず緑緑しい…
F02F17C8-815F-426C-AB3C-DBD35023684F.jpeg
スラックラインで遊ぶ
(正式な許可は得てないですが特に何も言われんかったです)


晩は外で食べたから火器はもってきていない
酒とつまみ程度だ


風強く冷え込む

星空を見ようじゃないかと頑張るが
まさかの晴天からいきなり曇りそして何故か雨
BF00F6DE-EA73-46FE-BE58-DF876C3BF53E.jpeg
タープの下にテントを張ったためすこぶる快適


この後嵐のような風と時々雨が一晩中…


エリステ40cm&ソリステ30cmを信じよう…




THE生存
BBD39311-373F-450D-AA21-388569FF44DA.jpeg



GW中ともあって、子連れ家族かライダーという客層
私のような四輪車ソロキャンはほぼいなかったかな。
ECA8D943-DD8E-4E2A-A796-6201C788490B.jpeg
スラクラしながら、撤収作業しながら、
スタゲに座ってブラブラ



ゆるやかに過ごす

キャンプの朝

登山の幕営の朝では味わえない余裕と
時間をセイリングして楽しむような感覚


いいよなぁ、キャンプは。



…ということで

このblogでは大分及びその周囲くらいのキャンプ場を巡り
情報収集&発信したく思います

ので、何度も同じ所に行かずに毎回違うとこでキャンプしたい


…けれど、五反畑は私の中で
また何度も行きたくなるキャンプ場になりました。
困ったね。

この記事へのコメント