アルスト考

秋が来ます。

来る…はずなんですけど、

うーん、なんか秋雨がアレだったり
晴れたらやたら暑かったり…


ともかく、

ここ数年は春秋は縦走系のテン泊を
何回かやるって決めてるんです



~あらすじ~
2、3年前にガスからアルコールに切り替えた

エバニューの
78208D0A-4B37-43CD-95E3-AF1D05CE4EC5.jpeg
コレは、風防&五徳が
なんかぐにゃぐにゃで風にもそんな強くなくて閉口した



そして燃料は
F0059EB5-5ACE-4659-9EE8-D2D013950CFC.jpeg
コイツに入れた結果
スタッフサック内で大量漏出を起こした

クソである

この商品だけは許さない
開発担当したたぶんアメリカ人は土下座しろメーン



が、
DAA7E0F2-4B1C-4386-A8F2-4267EA59C78D.jpeg
(チャッカマンの塗色はそのアルコールで溶けた)
皮肉なことに同じバーゴの
チタニウムウッドストーブがいい風防&五徳となった

これを作ったたぶんアメリカ人は有能である

燃料は仕方なく、販売された容器をそのまま持って行った





~本編~
買。
57117779-2284-4D92-8B62-1636B6D48CCE.jpeg
C5DC4E5E-B767-44C8-8B2C-0BDE89BAD440.jpeg
0113076A-AA93-4E34-9C3C-4C891FA35924.jpeg
8A1C3F87-7D79-4E04-8331-A9EF875BAEAC.jpeg
000FD475-A17B-45C6-B812-622CF29574BF.jpeg
ゴートレンジという謎会社の
チタニウムマグカップ



ナルゲンのボトル


UL界隈ではマグで湯沸しをするのが
主流になってるらしく

スノピの420チタンシングル+どこかのフタ
の組み合わせもいいんだけど

コイツはフタ付きで2.7くらいだからねぇ。
どうせ火にかけちゃうわけだし、
ブランド物に拘る必要もないか、と。

テーブルに押し付けた感じ
11CB910F-6AD2-422F-8DC9-1B9F20FF19AE.jpeg
底面のゆがみとかも皆無だね


システムとしてはこうなる
374ED4A4-9FF6-4FA9-866A-6216CB980428.jpeg
が、どうも風防上端の広さに対して
ギリギリ小さいので安定が悪いのよね

そして
BA66A6D5-BA35-418F-9334-861B8CDB3CF3.jpeg
愛用のダブルマグがスタッキングできれば
と思ったけどギリギリ不可


ただダブルマグはアルスト本体を
入れれるほど大きくないため
CFB8F64A-B262-45E6-8BF4-61631A901624.jpeg
このシングル450ならアルスト本体が軽々入る


ので、
9A1144EF-DC13-4CCC-9492-407DCFC01605.jpeg
このような収納になる

これでもコッフェルの体積と
ボトルの体積分削減できた。

スタッキングは難しいね。


できれば風防も
BC585E0F-3851-4797-9DD6-9BC056438566.jpeg
このような構成にして

アルストを入れた風防を筒状態のまま
450シングルマグにスタッキングできれば
風防の組み立て・解体手間がかからないし
省スペースになって最高なんだけど

筒でチタンで横風に強くて
ブニョブニョしない板厚の風防が見つからない…
(上の写真の風防は組み立て式だし、穴が大きすぎるので不可)

しばらくは試行錯誤してみましょう(´ω`;)

この記事へのコメント